第2回 GCL/IIWオンライン茶話会

2020年6月3日に第2回GCL/IIWオンライン茶話会を開催しました。

東京大学GCL/IIWに所属する学生間の交流を促進するため、東京大学GCL/IIWの先生方のご協力を得てオンラインでの茶話会を企画しました。学生がお互いの研究・興味・関心を知り、研究のアドバイスや学生どうしの共同研究につなげられればと考えています。
※参加者はGCL/IIW関係者に限定しております。開催日時はメールでの案内をご確認ください。

第2回はIIW現役学生、GCL修了生2名に発表をいただきました。参加者は20名でした。今回から1人当たりの持ち時間を30分としました。
ご発表、ご参加頂いたみなさまありがとうございました。

研究者から見た、デジタルファブリケーションをはじめとした3DCGの現場

中島一崇さん(GCL修了生, 東京大学大学院 情報理工学系研究科 創造情報学専攻 特任助教)

3DCGは研究だけでなく、実社会でも様々なところで活用がなされている。発表者の専門であるデジタルファブリケーションにとどまることなく、3DCGの実社会での応用について研究者目線での紹介を行う。

失われた声を取り戻すデバイスSyrinxについて

竹内雅樹さん(工学系研究科 電気系工学専攻 修士課程2年)

私は喉頭ガンなどで声を失った方々が元の声を取り戻して会話ができるデバイスSyrinxを学生の仲間と開発しています。今回はプロジェクトの経緯と今後について、Microsoft ImagineCup WorldFinalで得た経験を踏まえながら話します。