第4回 GCL/IIWオンライン茶話会

2020年6月29日に第4回GCL/IIWオンライン茶話会を開催しました。

東京大学GCL/IIWに所属する学生間の交流を促進するため、東京大学GCL/IIWの先生方のご協力を得てオンラインでの茶話会を企画しました。学生がお互いの研究・興味・関心を知り、研究のアドバイスや学生どうしの共同研究につなげられればと考えています。
※参加者はGCL/IIW関係者に限定しております。開催日時はメールでの案内をご確認ください。

第4回はGCL現役学生、元GCL生の2名に発表をいただきました。参加者は13名でした。ご発表、ご参加頂いたみなさまありがとうございました。

ユビキタスな電力供給に向けた「どこでも無線給電」

笹谷拓也さん(元GCL生, 情報理工学系研究科 電子情報学専攻 博士課程3年)

IoTなどの物理世界に干渉する情報科学技術の発展に伴い、各機器への電力供給技術は今後さらに重要になります。本発表では広い空間をカバーする無線給電に向けた取り組みを紹介し、情報科学への展開について議論します。

エラー訂正の観点からみる量子コンピュータの実現性

上野洋典さん(情報理工学系研究科 システム情報学専攻 博士課程2年)

量子計算機がRSA暗号を高速に解読できることから、量子計算機が実現された場合の社会への影響が懸念されている。
本発表では量子計算機のエラー訂正を軸に、計算機科学の観点から量子計算機の実現性について述べる。
[発表スライド]