第7回 GCL/IIWオンライン茶話会

2020年8月26日に第7回GCL/IIWオンライン茶話会を開催しました。

東京大学GCL/IIWに所属する学生間の交流を促進するため、東京大学GCL/IIWの先生方のご協力を得てオンラインでの茶話会を企画しました。学生がお互いの研究・興味・関心を知り、研究のアドバイスや学生どうしの共同研究につなげられればと考えています。
※参加者はGCL/IIW関係者に限定しております。開催日時はメールでの案内をご確認ください。

第7回は医学系研究科M2・IIW生の伊東哲史さんに発表をいただきました。参加者は15名でした。
老化研究のトピックス、伊東さんの修士課程での研究プランをご紹介いただき、情報学の視点・手法を導入することで今後どのような展開が望めるか、活発なディスカッションが行なわれました。
ご参加頂いたみなさまありがとうございました。

次世代シークエンサーによる「老化」の大規模解析

伊東哲史さん (医学系研究科 医科学専攻 修士課程2年)

老化の分子メカニズムを解明することで癌、骨粗鬆症、心疾患、認知症等のあらゆる疾患を減らすことが期待されている。本発表では、現在までに明らかとなった老化の分子機構について概説し、次世代シークエンサーによる大規模解析を用いた新たな研究展開について紹介する。
[発表スライド]


オンライン茶話会アーカイブページ